プレスリリース2014年4月7日


2014年4月7日(現地時間)にリリースされた Sizmek 社(弊社サイズミック・テクノロジーズ株式会社の米国親会社)のプレスリリース本文の日本語参考訳をお届けします。


■2014年4月7日発表
「Sizmek Announces New ‘Device Intelligence’ to Power Mobile and other Cookieless Environments」のプレスリリース(英語原文)
http://sizmek.com/about-us/press_detail/sizmek-announces-new-device-intelligence-to-power-mobile-and-other-cookiele


モバイルおよび Cookie を利用しない環境へ適用できる、新しい「Device Intelligence」を Sizmek が発表。


進化した分析がモバイル キャンペーンを活性化


2014年4月7日(現地時間)、Sizmek (NASDAQ: SZMK)は、Sizmek Device Intelligence を発表しました。これは進化した分析機能で、サードパーティ Cookie が利用できなくなりつつあるデスクトップ環境や、スマートフォンおよびタブレット向けに、より正確に、デジタル広告を一意に識別しターゲティングできるようになります。広告主は、これまで機能が非常に制限されてきたモバイル領域において特に、広く発展した独自のオーディエンス計測、アトリビューション、ターゲティング、全フォーマットに渡るフリークエンシー キャップといったメリットを享受できるようになります。


Device Intelligence は、確率論的な技術を提供するデバイス認識プロバイダーである AdTruth を活用し、ユーザーのデバイスを一意に認識するための数百のパラメータを分析していきます。Sizmek MDX プラットフォームとの組み合わせにより、広告主はモバイルもしくは Cookie を利用しない環境におけるキャンペーンで、エンゲージする際により優れた機能を使えるようになります。


サードパーティ Cookie が消費者やデバイスによって利用可能になっている、もしくは許可されている場合、Device Intelligence は Sizmek の Cookie をデバイス認識技術と組み合わせます。既存の Sizmek サードパーティ Cookie と AdTruth のデバイス認識を混ぜ合わせることにより、サードパーティ Cookie のみの場合よりも10-25% トラッキング精度が向上することが見込まれています。


Device Intelligence の最初のバージョンは、個々のデバイスのトラッキング精度を高めることに焦点を当てていきます。クロス デバイスの分析機能にまで、Sizmek はソリューションを徐々に拡大していくことを計画しています。デバイス認識の正確さを高めるため、将来的には Device Intelligence 用のデータソースに、AdTruth だけではなく、その他のソースや技術を含めていく予定です。Sizmek の目標は、消費者のプライバシーを尊重しつつ、特定の一メディア企業の専有 ID に限定されない、中立でオープンなソリューションを提供することです。


「サードパーティ Cookie の有効性が低くなる一方で、モバイルデバイスが急速に普及している流れの中で、デジタル広告への投資対効果をトラッキングする、より信頼性の高い方法を広告主は求めています。Device Intelligence はこのニーズに取り組む、Sizmek のビジョンを象徴しています。そして最も重要なこととして、特定の大手メディア販売者のアセットにのみ依存するのではない方法を提供する、という点が挙げられます。」Sizmek で戦略的ビジネス開発の SVP を務める Andrew Bloom は述べます。


Device Intelligence はユニーク数、フリークエンシー、コンバージョン測定基準において、特にモバイル オーディエンスに対してさらなる正確さを提供していきます。アトリビューションのビジビリティも向上するので、Cookie を使いにくいモバイル環境においては再現させるのが従来難しかった、モバイル アプリケーションとモバイル ブラウザ セッションに渡るユーザーのコンバージョン パスにおいて、個別のタッチ ポイント イベントを見られるようになります。


「私共の強固なデバイス認識技術と Sizmek の包括的な分析との組み合わせは、メディア代理店、広告主、媒体社に大きな価値をもたらします。」AdTruth で製品マネジメントを担当する Vice President の Surag Patel は述べます。「どんなデバイスも、世界中どこでもオーディエンスの全体像を総括的に認識できるようになり、前例のないキャンペーン管理と分析から利益を得られます。」


Device Intelligence の Beta 版は2014年第2四半期から、広告主および広告代理店に Sizmek MDX プラットフォームを通じて提供される予定です。Device Intelligence は業界をリードする Sizmek のリッチメディア、ビデオ、モバイル アド配信プラットフォームとシームレスに機能します。


【Sizmek について】


Sizmek Inc.(NASDAQ: SZMK)は、あらゆるスクリーンを通じてターゲット層にエンゲージするための先進的な技術提供により、世界中の広告主および広告代理店のデジタル キャンペーンを成功に導く支援をします。現在 Sizmek を名乗っている弊社のオンライン ビジネスは、現在までの15年間、複数のチャネルに渡るリッチメディア、ビデオ、オンラインのターゲティング広告といったデジタル分野において、先駆者として業界の最先端を走り続けてきたと自負しています。Sizmek のオープンなアド管理プラットフォームである Sizmek MDX は、モバイル、ディスプレイ広告、リッチメディア、ビデオ、ソーシャルといったマルチスクリーンに対応する最もクリエイティブでインパクトの大きいデジタル キャンペーンを配信できる、他に類を見ないデータ プラットフォームです。米国 New York に本社を置く Sizmek は、13,000以上の広告主、5,000以上の広告代理店と協業し、年間で1.5兆以上のインプレッションをターゲット層に配信しています。Sizmek は世界中の48ヶ国に拠点を構え、850人を超える従業員がいます。
Sizmek に関する詳細はこちらをご参照ください。www.sizmek.com

Share and Enjoy:

プレスリリース2014年4月2日



2014年4月2日
サイズミック・テクノロジーズ株式会社




サイズミック・テクノロジーズは、
デジタルインテリジェンス、チューブモーグルと連携し、
ワン・トゥー・テン・ホールディングスによる
オンライン動画広告クリエイティブのラボ
「1-10オンラインビデオクリエイティブラボ」の開設を支援


 サイズミック・テクノロジーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:布施一樹)は、株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス(京都府京都市、代表取締役:澤邊芳明)による、オンライン動画広告クリエイティブのパフォーマンスを上げるためのフォーマットやデモクリエイティブを開発する「1-10オンラインビデオクリエイティブラボ(以下、1-10VCL)」の開設を支援する。


 1-10VCLは、広告認知やブランド認知を高める新しいオンライン動画広告のスタイルを開発し、オンライン動画広告の普及に貢献するために、デジタルマーケティングコンサルティングの株式会社デジタルインテリジェンス(東京都渋谷区、代表取締役:横山隆治)と動画DSPの株式会社チューブモーグル(東京都品川区、代表取締役:狩野昌央)、第三者配信サーバー事業の最大手であるサイズミック・テクノロジーズ株式会社と連携する。


【1-10VCL体制】


 1-10VCLは、各社の動画クリエイティブ開発ツールを活用し、インタラクティブ動画などの高い効果を発揮する新しいクリエイティブ開発に注力する。また、デジタルインテリジェンスの知見を活用し、広告認知やブランド認知、購入意向の醸成といった従来からの効果の測定にとどまらず、動画広告素材のクリエイティブパワーおよびターゲティングの効果をスコア化するデジタルクリエイティブスコアTMにより、テレビCMを含めたクリエイティブ間の相対的なパワーをも評価し、動画クリエイティブのPDCAを廻すプログラムを実現する。


 さらに、デジタルインテリジェンスのDMPから導き出されるカスタマージャーニーや顧客洞察と、オンライン広告においてターゲティングが可能な利点を活かし、テレビCMとの併用以外にも、ターゲットの文脈ごとのメッセージをオンライン動画広告として開発する。テレビCMによる認知(アウェアネス)を受けて、オンライン動画によるレリバンシー(自分事化)獲得をターゲットごとの文脈に応じたメッセージによりオンライン動画クリエイティブで展開する。PC向けのオンライン動画広告だけではなく、スマートフォン向けの新しい広告フォーマットの開発にもチャレンジしていく。


【1-10VCLロゴ】


 1-10VCLでの活動や取り組みの詳細は http://www.1-10vcl.com/ にて随時更新される。



——————————————————————————————————————————

【1-10ホールディングス会社概要】


社名:株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス
http://www.1-10holdings.co.jp/
代表者:澤邊芳明(代表取締役社長) 高場秀樹(代表取締役専務)
所在地:京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON烏丸 4階
設立:2009年7月
事業内容:広告クリエイティブ領域からコーポレートサイト構築までのデジタルマーケティングを総合的にプロデュースするクリエイティブエージェンシー
Email:press@1-10holdings.co.jp

【DI.会社概要】


社名:株式会社デジタルインテリジェンス http://di-d.jp/
代表者:横山隆治(代表取締役)
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-32-16 COMBOX 4F
設立:2009年10月30日
事業内容:総合デジタルマーケティング・コンサルティング業務

  • デジタルマーケティング対応組織コンサルティング
  • デジタルマーケティング人材開発コンサルティング
  • プライベートDMP導入コンサルティング
  • DSP/RTB オーディエンスターゲティング導入コンサルティング
  • 入札運用型広告インハウス運用導入コンサルティング
  • Webサイト構造改革コンサルティング

Email:info@di-d.jp

【チューブモーグル会社概要】


社名:株式会社チューブモーグル http://www.tubemogul.com/
代表者:狩野昌央(代表取締役兼CEO)
所在地:東京都品川区西五反田1-23-7 五反田シティトラストビル9階
設立:2012年8月
事業内容:国内における動画配信プラットフォーム提供事業
Email:sales@tubemogul.com

【サイズミック会社概要】


社名:サイズミック・テクノロジーズ株式会社 http://jp.mediamind.com/
代表者:布施一樹(代表取締役)
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-16-15 EBISU-WEST 5F
設立:2010年7月
事業内容:第三者配信アドサーバーを中核とするデジタル キャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek MDX」(旧:MediaMind)の販売、マーケティング、サポート
Email:info_jp@sizmek.com

——————————————————————————————————————————

【本リリースに関するお問い合わせ先】


 サイズミック・テクノロジーズ株式会社
 Communication Manager 根岸
 E-mail: info_jp@sizmek.com

Share and Enjoy:

プレスリリース2014年3月28日



2014年3月28日
MediaMind Technologies 株式会社



関係者各位


社名変更のお知らせ


 MediaMind Technologies 株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:布施 一樹)は、3月28日(金)をもって、社名を変更させていただくことになりました。


 本年2月、弊社米国本社(DG)のテレビ事業売却により、「Sizmek(サイズミック)」という新しいオンライン企業が創設されました。これに伴い、3月28日をもって、日本法人の名称も「サイズミック・テクノロジーズ株式会社」に変更させていただきます。


 お客様に、弊社の新しい名称に早く親しんでいただけるよう、決意も新たに専心努力いたす所存でございます。


 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


以上


——————————————————————————————————————————

【会社概要】


(旧社名)MediaMind Technologies 株式会社(メディアマインド・テクノロジーズ株式会社)
(3月28日からの新社名)サイズミック・テクノロジーズ株式会社
(3月31日からの新所在地)〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-16-15 EBISU-WEST 5F
(3月31日からの新電話番号)03-5457-2570
(3月31日からの新FAX番号)03-5457-2571
(代表取締役)布施 一樹
(事業内容)第三者配信アドサーバーを中核とするデジタル キャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek MDX」(旧:MediaMind)の販売、マーケティング、サポート
(URL)http://jp.mediamind.com/
(米国本社URL)http://www.sizmek.com/

——————————————————————————————————————————

【本リリースに関するお問い合わせ先】


 MediaMind Technologies 株式会社
 Communication Manager 根岸
 E-mail: info_jp@sizmek.com

Share and Enjoy:

プレスリリース2014年3月20日



2014年3月20日
MediaMind Technologies 株式会社



関係者各位


オフィス移転のお知らせ


 MediaMind Technologies 株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:布施 一樹)は、本年3月31日(月)にオフィスを現在の江東区青海より、渋谷区恵比寿西に移転させていただくことになりました。


 新オフィスは恵比寿駅にほど近く、よりアクティブな営業活動の拠点となるものと存じます。これを機に、皆様の信頼にお応えできるよう、倍旧の努力をしてまいる所存でございます。


 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。




新住所:
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-16-15 EBISU-WEST 5F


新電話番号:03-5457-2570
新FAX番号:03-5457-2571
移転に伴い電話番号・FAX 番号も変更となります。


業務開始日:2014年3月31日(月)


アクセス:
JR 山手線 恵比寿駅 西口 徒歩5分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口 徒歩4分

以上


——————————————————————————————————————————

【会社概要】


(社名)MediaMind Technologies 株式会社(メディアマインド・テクノロジーズ株式会社)
(URL)http://jp.mediamind.com/
(米国本社URL)http://www.sizmek.com/
(代表者)布施 一樹
(事業内容)第三者配信アドサーバーを中核とするデジタル キャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek MDX」(旧:MediaMind)の販売、マーケティング、サポート

——————————————————————————————————————————

【本リリースに関するお問い合わせ先】


 MediaMind Technologies 株式会社
 Communication Manager 根岸
 E-mail: info_jp@sizmek.com

Share and Enjoy:

米国プレスリリース翻訳:Sizmek’s Viewable Impression Measurement Granted MRC Accreditation


2014年3月11日(現地時間)にリリースされた Sizmek 社(弊社 MediaMind Technologies 株式会社の米国親会社)のプレスリリース本文の日本語参考訳をお届けします。


■2014年3月11日発表
「Sizmek’s Viewable Impression Measurement Granted MRC Accreditation」のプレスリリース(英語原文)
http://www.sizmek.com/about-us/press_detail/sizmeks-viewable-impression-measurement-granted-mrc-accreditation


Sizmek の Viewable インプレッションが MRC の認証基準に準拠


正式認可を受けた Sizmek の評価指標を使うことで、広告主はメディアへの投資を効果的に計測することができます。


2014年3月11日(現地時間)、米国 New York、マルチスクリーンに対応したデジタル キャンペーン マネジメントで世界的に業界をリードする Sizmek Inc.(NASDAQ: SZMK)は、同社が提供する Sizmek MDX アド管理プラットフォームが Viewable インプレッションにおいて、メディアの効果計測サービスの監査とレビュー プロセスの運用を行う業界団体である Media Rating Council (MRC) の認証基準への準拠が認定されたことを発表しました。この最新の認証基準は、ディスプレイ、リッチメディア、デジタル ビデオの広告インプレッション、アド キャンペーン データのユニーク リーチと平均フリークエンシーに続いて取得したものです。


Sizmek の Viewability ソリューションは、幅広い機能を持つアド ベリフィケーション ツールの一部であり(同ツール全てが MRC の認証基準を満たしているわけではありません)、広告主が意図した通りに、Web サイトを見る人が広告を見る機会があったかどうかを知るのに役立ちます。MRC の認証基準は、Sizmek MDX プラットフォームから配信したキャンペーンが、業界認可の計測基準に準拠しているかを、独立した第三者機関として検証するものです。広告主および広告代理店は、何が無駄な投資で何が価値ある投資かを正確に精査できますので、Sizmek の Viewability ソリューションは、どのように広告が配信されているか全体像をクリアに見通すという広告主のゴールに向かうための重要なステップとなります。


「デジタル広告業界において、Viewability の重要性が増してきています。デジタル キャンペーンの複雑性が増し、アド プレイスメント(広告が配信される面)を評価することが難しくなっているためです。」イギリスの OMD で Digital Operations & Technology の部門長を務める Erol Soyer 氏は述べます。


Sizmek の Viewability ソリューションは、アド プレイスメントの Viewable レート、キャンペーンが配信された Web ページの Recordable レート(記録可能なインプレッションのレート)、アドが見られた平均時間、アド プレイスメントでの平均表示面積、Viewable および非 Viewable インプレッションに関係するコスト データといった情報を広告主に提供します。Viewable インプレッション評価指標は MRC によってのみ認証されています。


「昨年から我々の Viewability ソリューションを試用してきたお客様は、MRC から新たにお墨付きをいただいたことに加えて、以前よりも Recordable レートが高くなり機能強化されているという進化を感じてくださっています。」Sizmek の CMO を務める Ricky Liversidge は述べます。


MRC のお墨付きは、Sizmek が Viewability 機能に多大な開発投資をしていることを示していると言えるでしょう。Recordable レートという指標(デジタル アド キャンペーンの Web ページのうち、データを評価できる割合)が相当に高くなったのも、こうした直近の機能拡張によるものです。


【Sizmek について】


Sizmek Inc.(NASDAQ: SZMK)は、あらゆるスクリーンを通じてターゲット層にエンゲージするための先進的な技術提供により、世界中の広告主および広告代理店のデジタル キャンペーンを成功に導く支援をします。現在 Sizmek を名乗っているオンライン ビジネスは、過去15年の間、複数のチャネルに渡るリッチメディア、ビデオ、オンラインのターゲティング広告といったデジタルの分野で、業界の第一人者であり続けてきたと自負しています。Sizmek のオープンなアド管理プラットフォームである Sizmek MDX は、モバイル、ディスプレイ広告、リッチメディア、ビデオ、ソーシャルといったマルチスクリーンに対応する最もクリエイティブでインパクトの大きいデジタル キャンペーンを配信できる、他に類を見ないデータ プラットフォームです。米国 New York に本社を置く Sizmek は、13,000以上の広告主、5,000以上の広告代理店と協業し、年間で1.5兆以上のインプレッションをターゲット層に配信しています。Sizmek は世界中の48ヶ国に拠点を構え、850人を超える従業員がいます。
Sizmek に関する詳細はこちらをご参照ください。www.sizmek.com

Share and Enjoy:

米国プレスリリース翻訳:Top Social Media Buying Companies for Facebook and Twitter Join Sizmek Social Connect


2014年2月20日(現地時間)にリリースされた Sizmek 社(弊社 MediaMind Technologies 株式会社の米国親会社)のプレスリリース本文の日本語参考訳をお届けします。


■2014年2月20日発表
「Top Social Media Buying Companies for Facebook and Twitter Join Sizmek Social Connect」のプレスリリース(英語原文)
http://www.sizmek.com/about-us/press_detail/top-social-media-buying-companies-for-facebook-and-twitter-join-sizmek-soci


ソーシャルメディア(Facebook と Twitter)バイイングのトップ企業が Sizmek Social Connect に参加


Sizmek のオープン アド スタック イニシアティブに賛同の意を表明


2014年2月20日(現地時間)、米国 New York、マルチスクリーンに対応したデジタル キャンペーン マネジメントで世界的に業界をリードするSizmek Inc.(NASDAQ: SZMK)は、Social Connect の立ち上げを発表しました。Social Connect は、ソーシャルメディア向け広告の発展を目的とした、戦略的ソーシャルメディア テクノロジー企業との連携を促進するイニシアティブです。


Sizmek の Social Connect パートナーに名を連ねるのは、AdaptlyUpcastCitizenNetSocialCodeSHIFT といったソーシャル マーケティング デベロッパーの企業で、今後もその数は増えていく予定です。


Sizmek は、サードパーティ トラッキング、リターゲティング、アド ベリフィケーションといった様々なソーシャル マーケティング ツールを提供する他に、Republic Project を利用したリッチメディア配信を行っています。Republic Project は、Facebook および Twitter を含むソーシャル サイトに対して、ネイティブなリッチメディア広告を迅速に配信できるクリエイティブ制作ツールセットであり、リッチメディアの分野で業界をリードする製品です。


「広告主はソーシャルメディアを通じてお客様にリーチしたいと考えていますが、効率的にリーチするためには断片化しているテクノロジーの現況を乗り越えなければなりません。」Sizmek で Strategic Business Development の SVP を務める Andrew Bloom は言います。「オープン アプローチとテクノロジーの両方によって、Sizmek は広告主様が市場にキャンペーンを打ち出すまでの時間を短縮することを狙っており、ソーシャル周りの主要な企業の多くが、連携はお互いに利益となることを認識しているのを好ましく思っています。」


Sizmek の Republic Project は、バナー内での商品訴求、イベントの生中継、ゲーム、イベント カレンダーといった高度なリッチメディア機能が、ブランディングにもダイレクト レスポンスにも非常に高い効果をもたらすことが証明されています。


Social Connect は、Sizmek がソーシャルへのスケールの大きな配信における摩擦を取り除くことに積極的に取り組むことを示すものです。Social Connect は、主要な PMD プラットフォームと Sizmek のクロス チャネル アド管理プラットフォーム「Sizmek MDX」とのシームレスなデータの共有を促進し、広告主および広告代理店がその他のチャネルと並行してソーシャル キャンペーンのパフォーマンスを管理できるようにします。


「私共は、APAC、EMEA、LATAM といった成長市場における事業拡大と、北米におけるシェア拡大を目指しています。」Social Code の CRO である Bill Masterson は言います。「Sizmek は、新興市場にすぐに参入し、私共の戦略的なソーシャル バイイング機能を活かす機会を与えてくれる、グローバルに展開しているパートナー企業です。」


Social Connect は、Sizmek のオープン アド スタック イニシアティブと密に連携し、マーケティングを実施するにあたって、中央集中管理と展開という利点だけではない幅広い選択肢を作ろう、という共通のゴールと同じ志を持つテクノロジー企業を探し求めています。


Sizmek は、興味関心を持つお客様を対象としたキックオフイベントを、2月25日にイギリスで、3月25日にニューヨークで、4月9日にシドニーで、パートナー企業と一緒に開催予定です。詳細情報は www.sizmek.com をご覧ください。


【Sizmek について】


Sizmek Inc.(NASDAQ: SZMK)は、あらゆるスクリーンを通じてターゲット層にエンゲージするための先進的な技術提供により、世界中の広告主および広告代理店のデジタル キャンペーンを成功に導く支援をします。現在 Sizmek を名乗っているオンライン ビジネスは、過去15年の間、複数のチャネルに渡るリッチメディア、ビデオ、オンラインのターゲティング広告といったデジタルの分野で、業界の第一人者であり続けてきたと自負しています。Sizmek のオープンなアド管理プラットフォームである Sizmek MDX は、モバイル、ディスプレイ広告、リッチメディア、ビデオ、ソーシャルといったマルチスクリーンに対応する最もクリエイティブでインパクトの大きいデジタル キャンペーンを配信できる、他に類を見ないデータ プラットフォームです。米国 New York に本社を置く Sizmek は、13,000以上の広告主、5,000以上の広告代理店と協業し、年間で1.5兆以上のインプレッションをターゲット層に配信しています。Sizmek は世界中の48ヶ国に拠点を構え、850人を超える従業員がいます。
Sizmek に関する詳細はこちらをご参照ください。www.sizmek.com

Share and Enjoy:

プレスリリース2014年2月7日


2014年2月7日
MediaMind Technologies 株式会社


関係者各位


米国 DG 社のテレビ関連業務機能の売却に伴う
新会社「Sizmek(サイズミック)」の創設について


 MediaMind Technologies 株式会社(本社:東京都江東区、代表者:布施 一樹)の米国本社である Digital Generation Inc.(以下、DG)は、Video Fusion 製品を中心としたテレビ関連業務機能を Extreme Reach, Inc. に売却し、オンライン部門を新たに別法人として創設し、現在の業務を継承したことを発表しました。
新法人の名称は Sizmek Inc. と表記し、「サイズミック」と読む造語です。
MediaMind、Unicast、Eyewonder、Eyeblaster といった、DG の変遷において名乗ってきた社名や「第三者アド配信サービス」という立場から脱却し、「デジタル キャンペーン管理プラットフォーム」として、先進的な技術とサービスでアドテクノロジーにおける断片化に対応する企業として飛躍すべく、当名称を選定しました。


 全く性質の異なるバイイング プラットフォームとポイントソリューションの増加は、キャンペーン効率の向上とは直結しません。私共は、お客様の要望に合わせた柔軟性を保ちながら、アド管理プラットフォームを構成するあらゆる層を統合すべく「オープン アド スタック イニシアティブ」を立ち上げました。この根底にある原理は「柔軟性」です。私共の自前のテクノロジーでキャンペーン管理の大部分をカバーできますが、特定の領域においてオープンにすることで、例えばグローバルの大手 SEM、国産の DSP といったお客様が選択されたツールとの併用も可能です。これが、各市場、デモグラフィック、ターゲット層に必要とされる柔軟性を保ちながら、広告代理店様と広告主様に対する制御を効かせる、業界の求める開放性、適切性であると考えています。


 社名の決定にあたっては、「intuition」という英単語を出発点としました。これは、単純な「直感」ではなく、「物事に対する洞察を伴う直感」という意味を持っています。次に、東洋と西洋の交差点であるトルコに目を付けました。トルコ語で「intuition」は「sezme」という単語で、この語尾の響きをはっきりさせるために「k」を追加し「sezmek」としました。強い意味を持つ英単語の「seismic(激動の、激しい)」と同音異義語でありつつも、造語であることを明らかにできるよう、綴りを変え「sizmek」という表記にしました。
「Sizmek(サイズミック)」には自らを大胆に変革していこうとする、弊社の思いが込められています。


 ロゴおよびタグライン(キャッチフレーズ)は次のようになります。
企業ロゴ


タグライン付き企業ロゴ


 また、当社の提供するデジタル キャンペーン管理プラットフォームの名称も変更致します。
(旧)MediaMind Platform
(新)Sizmek MDX


 米国本社での変更に伴い、これまで MediaMind Technologies 株式会社として営業してまいりました日本法人では、従業員およびお問い合わせ先メールアドレスのドメインが変更となります。
(旧)@dgit.com
(新)@sizmek.com


 なお、日本法人の名称についても変更を予定しておりますが、現時点では名称および変更が有効となる日は未定です。東京オフィスの移転も予定しておりますが、こちらも移転日が確定次第、詳細をお知らせ致します。


 弊社都合での変更で恐縮ですが、何卒ご理解いただけますよう、今後とも弊社および弊社サービスをどうぞよろしくお願い申し上げます。



以上


——————————————————————————————————————————

【会社概要】


(社名)MediaMind Technologies 株式会社(メディアマインド・テクノロジーズ株式会社)
(URL)http://jp.mediamind.com/
(米国本社URL)http://www.sizmek.com/
(所在地)東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 601
(代表者)布施 一樹
(事業内容)第三者配信アドサーバーを中核とするデジタル キャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek MDX」(旧:MediaMind)の販売、マーケティング、サポート

——————————————————————————————————————————

【本リリースに関するお問い合わせ先】


 MediaMind Technologies 株式会社
 Communication Manager 根岸
 E-mail: info_jp@sizmek.com

Share and Enjoy:

Sizmek(サイズミック)よりご挨拶申し上げます


当ページにお越しくださいまして、ありがとうございます。DG MediaMind としてご愛顧いただきました当社は、この度 Sizmek(サイズミック)として生まれ変わりました。
米国 Sizmek 社 CEO の Neil Nguyen から、ご挨拶申し上げます。


2014年2月7日


関係者各位



平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、MediaMind Technologies 株式会社の米国本社である Digital Generation Inc.(以下、DG)のテレビ事業売却により、「Sizmek(サイズミック)」という新しいオンライン企業が創設されましたことをお知らせ致します。
新しいブランドですのでまだお馴染みいただけていないかと存じますが、DG、MediaMind、Eyewonder、Unicast、Peer39、そして Republic Project といった名前でご愛顧いただきました企業です。お蔭様で、アド テクノロジーにおける断片化に対応する、業界随一の独立系アド管理プラットフォームとして、私共は世界中のお客様に信頼いただく企業として成長して参りました。


この度の統合により、単なるリッチメディアの配信サーバー、あるいは第三者配信サーバーを超えた存在として、飛躍致します。私共は広告主様、広告代理店様、媒体社様と協業し、あらゆるデジタル チャネルに渡ってお客様にリーチする、何千、何万というキャンペーンの中核を担っています。私共のプラットフォームは Sizmek MDX という名前に変わります。世界中から、日々 5,000 を超える広告代理店のお客様がログインし、メディア、コンテキスト、コンテンツ、ターゲット層という広告配信のプロセスにおいて重要な4つの要素を管理、最適化する為にご利用くださっています。


お客様同様、私共もアド テクノロジーの技術革新に驚かされておりますが、全く性質の異なるバイイング プラットフォームとポイントソリューションの数だけが増えていっても、それはキャンペーンの効率を向上させるものではありません。これを心に留め、私共は「オープン アド スタック イニシアティブ」を立ち上げました。これは、お客様の要望に合わせた柔軟性を保ちながら、アド管理プラットフォームを構成するあらゆる層を統合するものです。


私共のオープン アド スタック イニシアティブの根底にある原理は、柔軟性です。つまり、1種類のものにしか対応できないのではなく、あらゆるものに対応できるということです。私共の自前のテクノロジーで大部分をカバーできますが、特定の領域においてオープンにすることで、例えばグローバルの大手 SEM、国産の DSP といったお客様が選択されたツールとの併用も可能です。これが、各市場、デモグラフィック、ターゲット層に必要とされる柔軟性を保ちながら、広告代理店様と広告主様に対する制御を効かせる、業界の求める開放性、適切性です。


特に強調してお伝えしたいのは、私共が特定のメディアに依存しない、独立系の企業であるという点です。つまり、レポート、データ、キャンペーン戦略が特定のメディア チャネルや戦略に対して潜在的に偏って立てられることがないということです。キャンペーンへの投資と ROI を偏りなく検証したいという広告主様に対して、弊社は信頼できるデータを提供し続けられるのです。


今後の Sizmek にどうぞご期待ください。営業担当、Client Service はこれまで以上に皆様のお役に立てるよう、努めてまいります。全世界48ヶ国、850人を超える従業員を代表し、弊社 Sizmek をご信頼くださっていることに感謝申し上げます。今後実施予定のイベントでお会いできることを楽しみにしております。


今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


Neil Nguyen
President and CEO
Sizmek

Share and Enjoy:

米国本社プレスリリース翻訳:Republic Project Now a Facebook Preferred Marketing Developer


2014年1月23日(現地時間)にリリースされた DG 社(弊社 MediaMind Technologies 株式会社の米国親会社)のプレスリリース本文の日本語参考訳をお届けします。


■2014年1月23日発表
「Republic Project Now a Facebook Preferred Marketing Developer」のプレスリリース(英語原文):
http://www.sizmek.com/about-us/press_detail/republic-project-now-a-facebook-preferred-marketing-developer


Republic Project が Facebook の認定マーケティング デベロッパー (Preferred Marketing Developer : PMD) に認定されました



MediaMind で、リッチメディアおよびソーシャル メディア向けの世界規模での配信が可能に。


2014年1月23日(現地時間)、米国 New York、マルチスクリーンに対応したデジタル キャンペーン マネジメントで世界的に業界をリードする Digital Generation(NASDAQ: DGIT、以下 DG)は、広告代理店および広告主が、ソーシャルおよびモバイル向けにリッチメディア キャンペーンの制作、配信、効果測定を行える、クラウド ベースのプラットフォームである Republic Project が、Facebook の認定マーケティング デベロッパー (Preferred Marketing Developer : PMD) に認定されたことを発表しました。


Republic Project は、Facebook のペイド メディア エコシステムを構成するアド テクノロジー企業として認定される1社であり、2013年12月に認定マーケティング デベロッパーとなりました。Facebook の認定マーケティング デベロッパー プログラムは、ページ マネジメント ソリューション、アド マネジメント ソリューション、ソーシャル上のインテグレーションを可能にするサービスやプラットフォーム、ページに関するインサイトを導き出す分析、のいずれか1つ以上の分野におけるテクノロジーを開発している企業を認定するものです。


「広告キャンペーンがますます断片化する傾向にある中で、デジタルとソーシャルはターゲット層にリーチするために欠かせないチャネルとなっています。」Digitas でメディア部門の SVP を務める Tam Alesi Bousquet は言います。「Republic Project を利用することで、Facebook ニュース フィード内に際立った露出ができるため、ユーザーの興味を引きつけ、キャンペーン全体のパフォーマンスを上げることができます。」


「Facebook 広告はここ数年急上昇しています。」Republic Project の CEO を務める AJ Vernet は言います。「Facebook の広告プラットフォームが提供する機会を十分に活用できるよう、今後も Facebook と密な連携を進めて参ります。」


広告主がデジタル キャンペーンをシームレスに配信、最適化できるよう、ソーシャルおよびモバイルの分野を統合し革新的なサービスを提供するという DG MediaMind の戦略のもと、同社は Republic Project を2013年10月に買収しました。


【DG について】


Digital Generation 社(NASDAQ: DGIT、以下 DG)はTV、オンライン、モバイルといったマルチスクリーン対応のデジタル広告の管理・配信プラットフォームを提供する、世界的リーダー企業です。DG はテクノロジーとサービスを組み合わせることで、広告主様が迅速に、効率的に、競争力を持ってビジネスを遂行できるよう支援します。TV CMのデジタル送稿技術とサービスの組み合わせにより、世界最大の衛星技術とインターネットによるビデオ配信のネットワークを誇り、当社のキャンペーン管理プラットフォームはマルチスクリーンへの広告配信、クロスチャネルのリサーチと分析、統合アセット管理を網羅しています。DG 製品は「MediaMind」と「VideoFusion」という、オンラインとビデオ キャンペーン管理の2つの包括的な製品から成ります。


DG は、本社を米国 New York に置き、世界中で 14,000 社以上の広告主と約 7,400 の広告代理店と提携し、78ヶ国においてブロードキャストやデジタルなどの手法により専用ネットワークを通じて 50,000 以上のメディア配信先から各ユーザーに配信しており、これは全世界のメディア資産の約 10% を管理していることになります。DG に関する詳細はこちらをご参照ください。
米国 DG 社 http://www.dgit.com(現在は Sizmek 社として営業しております。www.sizmek.com

FacebookR は Facebook Inc. の商標登録です。

Share and Enjoy:

米国本社プレスリリース翻訳:New DG MediaMind Mobile Benchmark Study Reveals What Works Best in Mobile


2014年1月9日(現地時間)にリリースされた DG 社(弊社 MediaMind Technologies 株式会社の米国親会社)のプレスリリース本文の日本語参考訳をお届けします。
文中で紹介されているベンチマーク レポート(英語)およびインフォグラフィックは、こちらのページからダウンロードしていただけます。


■2014年1月9日発表
「New DG MediaMind Mobile Benchmark Study Reveals What Works Best in Mobile」のプレスリリース(英語原文):
http://www.sizmek.com/about-us/press_detail/new-dg-mediamind-mobile-benchmark-study-reveals-what-works-best-in-mobile


DG MediaMind が新たにモバイルベンチマークを発表、モバイルに最適なものを明らかに



エンターテイメント、ニュース/メディアが全業種で最高のモバイル CTR を記録


2014年1月9日(現地時間)、米国 New York、Digital Generation(NASDAQ: DGIT、以下 DG)の一部門である MediaMind は、相対的なモバイル アド フォーマットのパフォーマンスをまとめた「モバイル パフォーマンス ベンチマーク」レポートを発表しました。ブランド広告主がモバイル広告において最も効果的な戦略を立てる際に参考となる、業種別のインサイトを提供できるよう、主要な業種におけるモバイル アドのフォーマットと特徴ごとのパフォーマンスに焦点を当てています。


「メディア、日々のコミュニケーション、世界とつながるために、消費者がモバイル技術へ依存する度合いは日に日に高まっています。」DG で CMO を務める Ricky Liversidge は言います。「我々はこうした要素を分析し、より具体的なデータを広告主に提供することで、モバイル マーケティングの意思決定と、モバイル利用者の増加への対応を支援します。」


当調査のために、MediaMind は2013年1月1日以降に実施された 1000 を超えるモバイル キャンペーンの、10億以上のインプレッションを分析しました。
レポートはこちらのページからダウンロードしてください。


業種別パフォーマンス


Republic Project は、広告代理店や広アド フォーマットごとのパフォーマンスだけではなく、業種別にもパフォーマンスを調査しています。エンターテイメントは 1.10%、ニュース/メディアは 1.21%と、全業種で最高のモバイル CTR を記録しました。その他 CTR の高い業種としては、消費財(0.82%)、小売業(0.58%)、レストラン (0.50%)という順になりました。告主が、Facebook や Twitter といったソーシャル プラットフォーム向けに広告を制作、配信するためのプラットフォームで、短時間でキャンペーンの作成と配信を行うことができます。


モバイル アドについて最も効果的な戦略を決定できるよう、全業種を分析しました。


  • エンターテイメント:エンターテイメント業の広告主が重要視する KPI は、市場での存在感を保つことです。エンターテイメント業で最もよく使われる機能は、動画およびソーシャルにおける共有でした。
  • 消費財:消費財の広告主は、ブランドを認知してもらい、検討対象にしてもらえることを重要視し、その KPI を向上させるためにロケーションとソーシャルにおける共有機能をよく利用することが分かりました。
  • 小売業:Web を見て実店舗に来てもらうために、動画、ロケーション、天気情報、「アプリケーションのダウンロード」機能がよく利用されました。
  • 自動車業:自動車を購入しようとする人達に、自社の特徴的な製品、車種、販促活動を記憶してもらえるよう、イメージ ギャラリー、動画ギャラリー、m.site クリック スルーがよく利用されました。


モバイル動画


インライン動画を含むモバイル リッチメディア フォーマットの中では、エキスパンドバナーよりもポライト リッチメディア バナーの方が、動画再生開始率が高いという結果が出ました。ポライトバナー内の動画の再生開始率 3.33% に対して、エキスパンド バナーでは 1.51% でした。


ポライト リッチメディア バナーでは動画プレイヤーがすぐにユーザーの目に入るようになっているため、まず興味を持って触ってもらえないと動画プレイヤーがアド内に表示されることのないエキスパンドバナーよりも、動画再生開始率が高くなるというわけです。


【DG について】


Digital Generation 社(NASDAQ: DGIT、以下 DG)はTV、オンライン、モバイルといったマルチスクリーン対応のデジタル広告の管理・配信プラットフォームを提供する、世界的リーダー企業です。TV CMのデジタル送稿技術とサービスの組み合わせにより、世界最大の衛星技術とインターネットによるビデオ配信のネットワークを誇り、当社のキャンペーン管理プラットフォームはマルチスクリーンへの広告配信、クロスチャネルのリサーチと分析、統合アセット管理を網羅しています。DG 製品は「MediaMind」と「VideoFusion」という、オンラインとビデオ キャンペーン管理の2つの包括的な製品から成ります。


DG は、本社を米国 New York に置き、世界中で 14,000 社以上の広告主と約 7,400 の広告代理店と提携し、78ヶ国においてブロードキャストやデジタルなどの手法により専用ネットワークを通じて 50,000 以上のメディア配信先から各ユーザーに配信しており、これは全世界のメディア資産の約 10% を管理していることになります。DG に関する詳細はこちらをご参照ください。
米国 DG 社 http://www.dgit.com(現在は Sizmek 社として営業しております。www.sizmek.com

Share and Enjoy: